自分に似合うメガネの選び方

自分に合ったメガネを探す上で、顔の形と目や鼻などパーツの配置を意識することは大切です。フレームの縦の幅は、眉から顎までの長さの3分の1となるように設定するのが目安です。眼球の黒目の部分は、レンズの中央もしくは少し内側に入っているのが適切になります。また眉の形と、フレームのリムの形が似ているものを選べば馴染みやすいです。

次に顔のシェイプを意識した、フレーム選びのポイントについて見ていきましょう。四角形の顔型の場合は、曲線的なフレームのものを選ぶと良いです。顔のラインにメリハリがあるため、緩やかなカーブを選ぶことでバランスが取りやすくなるという訳です。面長の方には、天地の幅が広いフレームをおすすめします。

枠とフェイスラインを揃えることで、バランスが取りやすくおしゃれに決まります。丸顔の方は、スクエアなど直線的なデザインの製品を選ぶと引き立ちやすいです。柔らかい印象に見えるフェイスラインを、直線的なラインでメリハリを付けるという具合です。シャープな三角顔の方は、縦の幅が狭くて少し丸形のフレームが良いでしょう。

オーバルやハーフリムで合わせることで、顔のラインを引き立たせる効果があります。続いて黒めの位置を意識しながら、調整をする方法も見ていきます。黒目の位置がレンズよりも上の方にずれている場合、フレームの鼻幅が広いのが原因です。鼻パットのメガネを着用することで、その位置を修正できます。

反対に黒目の位置が下側にずれる場合は、鼻幅が狭いためブリッジ幅の広い製品を探しましょう。黒目が外側に来るのであれば、フレームのサイズが小さすぎて合っていないため調整する必要があります。スクエアなど、横幅が広くみえるデザインのメガネを選ぶのも良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする