正しいメガネの選び方

メガネは、視力を改善し目の悪い人が見やすくするものであるとともにファッショングッズでもあります。昨今はファッション目的のみでのメガネの着用を好む人も増えていますが、本来的にはこの2つの目的を満たすものです。つまり、本来的に正しいメガネとは、この2つの要素について自分に適したものであることを意味します。まず、視力を改善する意味での正しいメガネの選び方ですが、これは自分の視力の状況に合わせた度数のレンズを選ぶことを意味します。

目の悪い人ほど度数の高いレンズが必要になります。また近視か遠視かなど普段の状態での見え方なども考慮し、それに見合ったレンズを選ぶ必要があります。次に、ファッショングッズとしての正しいメガネの選び方ですが、これは自分に似合うフレームであることとつけ心地が良いフレームであることを意味します。自分に似合うフレームとは自分の顔のかたちに適したものであることです。一般的に丸顔の人には角ばったフレームが似合い、角ばった顔(三角顔・四角顔)の人には丸めのフレームが似合います。

フェイスラインと逆のかたちのものをつけることで顔の特徴を緩和させファッションとしてのアクセントになるからです。そして重要なのがつけ心地です。日々の生活の中で多くの時間つけることになりますので、つけることで耳や鼻が痛くなったり、すぐずれ落ちてきてしまっては意味がありません。またレンズの位置がずれてしまっているとめまいなどの症状も引き起こします。耳にかけるテンプルが耳のうしろの曲線にきちんと合っていること、鼻にかけるパッドが鼻の上のほうにきちんと無理なく止まっていること、目の位置とレンズの位置がきちんと合っていること、が重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする