眼精疲労の症状と原因を知って目を休める習慣を

眼精疲労は目の使いすぎによって生じる症状です。ただし疲れ目とは異なり、目だけではなく全身にわたって症状があらわれ、休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態となっています。主な原因は、度数のあっていない眼鏡やコンタクトを使い続けるものとテレビやパソコンなどの画面を長時間見続けることなどが、あげられます。

とくにスマホなどの小さな画面を見続けることで生じる場合が多いとされています。集中して見ると言うことは目の動きが少なくっていると言うことなので、目の筋肉が疲労し、眼精疲労が起こるためです。眼精疲労の症状としては、目に起こる症状は「目が重い・痛い・まぶしい・かすむ」などがあり、時にはまぶたがピクピクと痙攣を起こすこともあります。また全身の症状として「頭痛・首や肩のこり・吐き気」などがあります。これらの症状に伴ってイライラ感も引き起こします。眼精疲労の対策はセルフケアできる場合があります。目の使いすぎが原因のときは、目の働きをサポートする栄養素を積極的に摂ることや、目の周りをマッサージして目の筋肉をほぐすと軽度の症状なら改善されます。また蒸したタオルを目に乗せて温めることも効果的です。

しかし、症状が重かったり長期間続くようならば、医療機関を受診する必要があります。眼精疲労の予防として大切なことは目を使いすぎないようにすることです。パソコンで作業するときは目とパソコン画面の距離を40cm以上とること、パソコン画面の上辺が目の高さよりも数センチ高くなること意識しましょう。また照明の明るさを調整することや、目を乾燥させないためにもエアコンなどの空調にも気をつけることも大切です。まばたきをゆっくりすること、遠くを見ることなど、目を休めて予防を心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする