ホットヨガで眼精疲労解消

偏頭痛や風邪や微熱や花粉症や倦怠感や便秘や胃もたれや耳鳴りや肩こりや外反母趾や関節痛や神経痛や腰痛や蕁麻疹など、病院で治療を受けなくても何とかやり過ごすことが出来るけど地味に辛い不調はたくさんありますが、眼精疲労もその最たるものです。目が充血したり文字を見る気が失せたり目をあけているだけでしんどかったり乾燥を感じたり鈍痛が生じたりなど、眼精疲労の症状のせいで日常生活において不便を感じているという方も多いのではないでしょうか。

集中力や思考力や判断力も鈍ってしまいますし、眼精疲労が長期的に続けばメンタル面にも影響します。放置せずに早めの対処が必要です。眼精疲労の原因についてですが、度数が合わないメガネやベースカーブが小さ過ぎるコンタクトレンズやゲーム・パソコン作業・スマートフォン操作での目の酷使、緊張型頭痛や首こりや肩こりや虫歯など別な不調に付随して起こる、骨盤の歪みや運動不足や加齢や寒さから来る血行不良などがあります。

コンタクトレンズやメガネを変えることで改善されたり、目を休めて和らいだりするなら問題ありませんが、はっきりとした原因がわからない場合は血行不良が影響しているケースがほとんどですので、体質改善を目的とした対策を講じなければなりません。日常的に行うべきことについてですが、猫背や足を組んだり頬杖をついたりする癖をやめて姿勢を正しく保ち骨盤が歪まないようにする、入浴やストレッチやツボ押しやリンパマッサージで血流を促す、水をたくさん飲んで代謝を上げるなどがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする