代謝を良くして眼精疲労解消

むくみや下半身太りやこむら返りや神経痛や肩こりや末端冷え性や緊張型頭痛や寝違えや抜け毛や腰痛や肌荒れなど、代謝が低下して血行不良に陥ることで生じる不調は数え切れないほどありますが、眼精疲労も血流障害が原因で起こる不調の一つです。

目がショボショボして文字を読んだりパソコン作業をしたりするのが辛い、コンタクトレンズ装着に伴う乾燥・異物感と相まって疲労度が増幅する、白目が真っ赤に充血してアイメイクが映えないなどの悩みがあり、日常生活に支障が出ているという方も多いのではないでしょうか。血行が促進されれば眼精疲労の症状も緩和されますので、体質改善を目指して対策を行いましょう。代謝アップのために努めるべきことについてですが、こまめな水分補給やビタミンB群チャージで体の内側からケアする、ホットヨガや温泉やゲルマニウム温浴や半身浴やサウナで体をあたためて発汗を促す、ランニングや縄跳びやスクワットやレッグプレスで下半身を鍛えて筋肉量を増やすなどがあります。

体質改善が成功して代謝がアップすれば、眼精疲労の辛い症状は確実に和らぎます。それでも眼精疲労が改善されない場合は、合わないコンタクトレンズ・眼鏡や目の使い過ぎや骨盤の歪みや噛み合わせの悪さなどが原因の可能性もありますし、別な目の病気が隠されている可能性も考えなければなりません。合っていないメガネやコンタクトでの視力矯正も悪影響を及ぼしますので、眼科で視力検査を受けてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする