眼精疲労を感じたら適切に対処

眼精疲労を感じたらまずはセルフチェックを行って、症状が合致するのかを考える必要があります。現れる症状は実に様々であり、目の疲れやかすみ、乾燥も現れます。デスクワークで長時間パソコンを操作することが多い人、テレビやスマートフォンを見る時間が長い人は特にリスクが高くなり、軽い症状なら睡眠をしっかりととることが大切です。ほかにも目の奥が痛んだり熱くなったり、まぶたが痙攣する場合も眼精疲労と考えられ、頭痛が起きている時にも注意しなければなりません。

一見すると頭痛は関係がないように思えますが、実は症状の一種です。ライフスタイルが深く関係していますので、まずは日頃から目を酷使していないかを思い返してみましょう。現代社会ではパソコンやスマートフォンは誰もが使うツールであり、仕事以外にもプライベートで触れる機会が多くなっています。適度の触れるくらいなら全く問題ありませんが、やはり時間が長くなると眼精疲労を引き起こしやすくなりますので、時間を決める等、自分なりのルール作りをして対処すると良さそうです。

手元を見ることが多い人は、ピントを調節する時に使われる毛様体筋に大きな負担がかかって疲れ目の症状が出ます。30分に一度は遠くを見て眼精疲労の緊張を緩めることが重要であり、目をつぶって休めることも有効です。ピントを合わせる機能には自律神経も関係しており、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかないと調節が難しくなります。眼精疲労についてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする