花粉の影響と春や秋の過ごし方

春や秋頃は、アレルギーを起こさせるスギやヒノキ・ブタクサの花粉が空中に飛散しています。人によってはこのような時期になると鼻水やくしゃみで苦労する人もいるものです。外で仕事をしている場合には、薬を飲まなければ厄介な鼻の症状で仕事にならないということも少なくありません。毎年花粉症の薬を服用していた場合、妊娠したら止めた方がいいのかそれとも服用しても良いのか、と迷う人もいるものです。

しかし、やはり妊娠中の場合には飲むかどうかについては慎重になった方が良いでしょう。アレルギー性鼻炎の薬であってもそれ以外のものであっても、妊娠中に服用するときには注意が必要であす。特に妊娠初期の場合には胎児に影響がある可能性があることから、避けた方が良いと考えられています。そのため毎年花粉が飛散する時期には花粉症の薬を飲んで乗り切っているという人であっても、やはり基本的には妊娠している年には飲まないようにして過ごすべきです。

もし服用することを考えている場合には医師に相談してからにします。妊娠中期に入ってからなら薬を飲んでも良いとされるケースも増え、花粉症の薬にも比較的胎児への影響が少ないと考えられているものがあります。妊娠している場合には、できることならやはり飲まずに過ごしたいと考えるのも当然です。我慢しながらワンシーズンを過ごすのも大変な場合もあり、ストレスに思われることもありますがやはり慎重になるべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする