花粉の対策方法の一例

スギやヒノキの花粉により春になると鼻や目に影響が現れるという人は多いものです。このような場合にはアレルギーの薬を服用することで、症状を抑えたり軽減させたりすることが出来るケースが多いとして多くの人が薬を活用しています。また薬以外ではなるべく花粉にさらされないような生活をすることで、症状を防ぐという考え方があります。例えば目に影響が出る人なら目の充血やかゆみなどの辛い症状を緩和させるためにも、アレルギーの原因となる物質を避けることが対策となるでしょう。

原因だとわかっているのであれば、目に入りにくい形状になっている対策用のメガネを活用するのもよいです。また知らず知らずのうちに花粉は家の中にも溜まってしまうものです。そのためあまり室内の掃除が出来ていないと、鼻水やくしゃみが出たりすることがあるので、掃除をすることは花粉症の対策の1つです。微細で目に見えないほどなので一見綺麗なように見える部屋でも、目に見えないアレルゲンがある場合もあります。

特にトイレやエアコン、それからソファーなどといった部分は見逃しがちな場所と言えるでしょう。そのため、意識して掃除をすることをお勧めします。それから注意したいのは換気扇から侵入してくるものです。さらに花粉は洋服に付着して外出から帰ってきたときに、一緒に部屋に入ってきたりすることも知っておきたいところです。

隅に溜まりやすいため奥まったところは注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする