花粉の対策をするには

花粉が飛散する季節でも外出をしなくてはならないことは少なくありません。そのため出かけた後に家に帰って来た時には、まず玄関を開けて中に入る前に身に付いたものを取り除き自宅に持ちこまないようにすることが大切です。具体的には、着ていた上着を脱いで玄関の前で手で払い落とすようにします。これだけでどの程度の効果があるのか疑問に思うかも知れませんが、実際のところは手で服についた花粉を払って落とすだけでも、ある程度のものが取りのぞけるといわれています。

手で払い落さずに室内にそのまま入った場合と比較すると、なんと3分の1程度にまで減らすことができるというのです。面倒に思われがちなひと手間ですが、取り入れておきたい行動です。また花粉が飛散する季節は洋服選びにも注意をしておくことをおすすめします。知っている人も多いかも知れませんが、やはり花粉が付きにくい素材でできている服を選ぶことが大切です。

衣類の生地にも様々なものがありますが、表面が凸凹している物の場合隙間に入り込みやすいです。そのため衣服に付着したまま持ち帰ってしまい、室内にまで持ち込まれてしまうことになりかねません。そういった可能性が高いのはウールの素材です。ウール素材のニットは特に避けたほうがいいといえるでしょう。

春や秋といった花粉が飛散する季節にはツルツルした素材の洋服を着ることをお勧めします。そうすれば出来るだけ影響を減らせる結果に繋がるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする