花粉による目のアレルギーと対処法

毎年春になると多くの日本人が花粉による影響に悩まされています。もちろん春に限らず、年中何かしらの植物のものが飛散していますが多くの人が影響を受けているのはスギやヒノキによるものです。空中を飛散するこれらのような花粉が原因となって症状が出るアレルギーの病気である花粉症は、一般的にくしゃみや鼻水に悩まされるというイメージを持たれることが多いです。しかし人によっては目のかゆみが悩みということも少なくありません。

花粉のせいで目にかゆみがある時には、ついつい目を擦ってしまうこともあります。とはいえ擦ると目の表面に傷が付いてしまう可能性があるので、擦らないようにすることが大切です。そうはいっても、かゆみが我慢できないという人もいるでしょう。目の症状が辛い場合には、我慢せず点眼液を使用することも検討してみると、症状を改善出来ることがあるのでおすすめです。

防腐剤の入っていない洗眼薬を使用するのも1つの方法となります。洗い流してアレルギーの原因物質を取り除くことができます。空気中を漂っているものが目の粘膜に付いたときには、アレルギーを起こす物質が放出されることがあります。それが目の神経や血管を刺激し、かゆみが出ることになるのが特徴です。

花粉によるこのような症状は、季節性季節性アレルギー性結膜炎と呼ばれています。人によっては目の症状はそれほど辛くないという人もいたり、鼻より目の方が辛いという人もいたりするものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする