代表的な目の病気のひとつ「白内障」とは?

目の病気には様々なものがありますが、代表的な目の病気のひとつが「白内障」です。白内障は、水晶体と呼ばれるカメラにおけるレンズの役割を果たしている組織が白く濁る病気です。水晶体は外部からの光を集めてピントを合わせる役割を担っているため、白く濁ると集めた光が通過しにくくなります。その結果、視力の低下が引き起こされるとともに、モノがかすむ・ぼやける・視界が暗くなる・光を眩しく感じるといった症状が現れます。

また、白内障は様々な原因で発症するのですが、最も多い原因は加齢です。程度の差はありますが、水晶体は年齢を重ねるとともに濁っていくので、白内障は高齢の方ほど発症する可能性が高まります。加齢以外の原因としては、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの目の病気以外の疾患によって引き起こされるケースもありますし、先天的なもの・外傷によるもの・薬の副作用によるものもあります。なお、白内障は放置すると日常生活に支障が出る可能性があるとともに、失明の恐れもゼロではありません。

そのため、少しでも発症が疑われる場合は早めに眼科を受診することが大切です。白内障の治療は、初期段階においては症状悪化を抑制するために点眼や内服薬による治療が行われます。症状が進行してしまった場合は手術を受ける必要がありますが、白内障の手術では濁った水晶体を取り除いた上で眼内レンズを挿入します。手術を受けることで、白内障の症状が改善されてモノがはっきりと見えるようになりますが、手術には一定のリスクも伴うので手術を受けるかどうかは主治医としっかりと話し合って慎重に判断することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする