気になる目の病気~ドライアイ

ドライアイは、若い人でも罹患する可能性のある目の病気です。角膜(黒目)の表面は涙によって保護されています。涙は瞬きをすることによって分泌されますが、涙の量が少なくなり、質のバランスが崩れることで乾燥した状態になり、角膜の表面にキズがついてしまいます。目の病気の一つであるドライアイの症状は、目が乾く、ゴロゴロする感じなどの異物感や痛み、充血、かすみ目など人によって症状も様々あります。

原因は、エアコンなどによる室内の乾燥やストレス、パソコン作業、コンタクトレンズの使用、最近ではスマートフォンの画面を長時間見ることも要因となっています。涙はとても重要な役割をもっていて、角膜への酸素や栄養補給、乾燥を防いだり、角膜や結膜に付着したゴミやホコリを洗い流して、細菌などの侵入を予防するなどの働きがありますので、涙はとっても大切なのです。パソコンやスマートフォンの画面を見続けていると瞬きの回数が減ります。目を覆っている涙が蒸発しやすくなってしまいますので意識的に瞬きをしてあげることで、角膜に涙を供給して予防することができます。

ソフトコンタクトレンズを使用している人は特に気を付けなくてはなりません。ソフトコンタクトレンズは水分をたくさん含んでいて柔らかくできているので、裸眼の人に比べて水分がより多く必要になってきます。涙と同じ成分の目薬を補うなどの対策も必要です。日頃から出来ることをして、目の病気であるドライアイを予防しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする