代表的な目の病気である「緑内障」とは?

一口に目の病気と言っても数多くの種類がありますが、数ある目の病気の中でも失明のリスクを伴うのが「緑内障」です。緑内障は、40歳以上の20人に1人が発症すると言われていますが、失明原因の上位に位置する目の病気なので注意が必要です。緑内障は、目に入ってきた情報を脳に伝達する視神経に障害が起こる病気で、徐々に視野が狭まっていきます。しかし、視野の狭まりは何年にもわたって非常にゆっくり進行していくので、ほとんどの方は自覚することなく症状が悪化していきます。

気が付いたときにはかなり進行してしまっているというケースが少なくないので、40歳を過ぎたら定期的に眼科で検査を受けることが大切です。また、緑内障の多くは、房水と呼ばれる目の中を循環している液体の産生と排出のバランスが崩れ、眼圧が上昇することで引き起こされます。眼圧が上昇した結果、長期間にわたり視神経に負担がかかることで緑内障につながるのですが、現在の医学では障害が起こった視神経を回復させることはできません。そのため、緑内障の治療は進行を遅らせることが目的となります。

失われた視野を回復させることはできませんが、点眼薬などによる治療を継続すれば多くの場合、症状の進行を抑えることが可能です。また、点眼薬による治療で症状の進行が抑制できない場合は、レーザー治療や手術が行われます。レーザー治療や手術を受けたとしても緑内障を完治させることはできませんが、適切な治療を継続すれば日常生活に支障が出ない視野を維持し続けることは可能なので、少しでも早く発見し、早期治療につなげることが大切です。目の病気のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする